体験談

【体験談9】体外受精の成功率。気にしないようにできるの?

2020/05/30

 

前回のお話
【体験談8】38歳、体外受精の成功率を見て現実を知る!

クリニックの治療成績(妊娠率・出産率)が載っている!クリニックで渡された冊子の最後に、過去の治療成績が掲載されていました。私の通うクリニックでは、妊娠率をインターネットで公開していなかったので、今回初めて知ることになったのです。

続きを見る

 

おっと
さて、それじゃあ、今日は確率の話をしようかな。

そういうと、夫は話始めました。

 

成功率なんて、ただの統計

おっと
クリニックによると、今回の体外受精は妊娠率20%、3回チャレンジすれば1/2の確率で妊娠するって見込みなんだね。
うん。もらった冊子からはそう読めるよ。
おっと
なるほど。でもね、そういったものは「ただの統計」なんだ。

「ただの統計」?言っている意味がよく分かりません。

 

おっと
同じ妊娠を目指している人でも、状況がまるで違うのは分かるかな?

子宮に病気を抱えていたり、精子に奇形があったり、不妊には様々な要因がある。そういった人みんなが、がんばって治療を続けているんだ。

だからね、いろんな原因の人たちが母集団となって、そのデータを形成しているということをまずは理解すること。

けっして、全員が同じ状況ではないんだ。

そうか…私の場合は原因不明。なんでだか分からない…分かっている人も中には含まれているんだね。
おっと
そしてもう一つ、大切なことがあるよ。

コビトと同じように原因が分からない人の中には、これまで健康に気を使ってきた人、いわゆる「妊娠に良い」と言われていることをやってきた人と、やってこなかった人とが、さらに分かれることになるんだ。

おっと
さて、その中で、35歳以上で統計をとったらどうなると思う?もしかしたらもっと妊娠率が高いかもしれないんだ。

だから、この20%というのはね、あくまで統計として「このくらいの年齢になってきたら、このくらいですよ」という目安の話でしかないんだ。

つまり、全員が20%の確率というわけじゃないんだよ。

もしかしてもっと高いかもしれないし、そこは誰にも分からないんだ。

なるほど、夫が「確率は統計」と言っているのが、なんとなく分かってきました。

 

おっと
例えばね、卵子がこのくらいのサイズで、こんな卵がとれました。それで妊娠率が高いとか低いとか言うんだったら、具体的な数値に対しての結果になるから、もっと確率は自分に近いものになる。「基準値」があるからね。

でも、そうでない場合は、あくまで目安にしかならないんだよ。

おっと
だからね、成功率は「へ〜そうなんだ。じゃあ、がんばらないとね」くらいにとらえるべきなんだよ。

だって、体外受精って「何歳までやらないとぜったいに妊娠できません」とかいうものじゃないでしょ。

 

できるつもりでやって何が悪い

うん、そうだね。…そうはいっても、80%も失敗する確率があるって考えちゃって…。
おっと
おっと、毎回毎回、できないこと望んでどうするんだ。
おっと
アントニオ猪木だって「負けるつもりで試合をやる奴がどこにいるんだ」と言っていたように、成果を出す人は、みんな最初から勝つつもりでやっているんだよ。
おっと
だからね、できるつもりでやって何が悪いんだ。気おくれすることなんて、何もないんだよ。

「できるつもりでやって何が悪い」…。そんなこと、考えたこともありませんでした。

むしろ、38歳の私が「私ならぜったいできる」なんて思っていたら、おこがましいような気がしていました。

 

確率は100%と比べない

おっと
そもそもだよ、妊娠する確率がそんなにあるだけで、幸せじゃない?
おっと
だってさ、これまで4年間妊娠を望んできて、ずっとゼロだったんだよ。それが、3回やっただけで、1/2で子供ができるっていうんだよ。これだけでものすごく確率上がるよね。

100%と比べるから悪いんだよ。

ん!確かにそれはそうだね。
おっと
今まで何をしても「ゼロ」だったんだ。できると思って、信じてやればいいだけなんだよ。

夫の話すように、ついつい100%と比べている自分に気がつきました。なるほど、少し元気がでてきました。

 

やっぱり気になる年齢のこと

おっと
そういえば、さっき20代や30代前半の人たちは、成功率が高いって言ったね。
そうなんだよ。やっぱりひっかかってしまうのが年齢のこと。

私、もう38歳なんだよ。どうしても「できる」って信じられなくて。

おっと
う〜ん、コビトはどうも昔から、年齢のことを気にしてしまうよね。それじゃあ、今度は年齢のことを一緒に考えてみようか。

私には、38歳という年齢が不利でしょうがないとしか思えませんでした。

夫はどうやって説得しようとしているのか、この時はさっぱり分かりませんでした。

 

続きはこちら
【体験談10】気になる年齢のこと。30代後半は妊娠しにくいの?

同い年でも、妊娠しやすい数値を持った人と、妊娠しにくい数値を持った人がいるんだ。年齢が同じだと、ついつい全部が同じように見えてしまって、落ち込んだり、安易に「自分はだめだ」と思ってしまうけど、そこに落とし穴があるんだよ。

続きを見る

この記事はいかがでしたか?

おすすめの記事

1

1日たった10分走るだけの気軽なランニングで、みるみる妊娠体質に。妊娠できなくて困っている人に、とにかく1番におすすめしたい習慣です。実際にランニングで妊娠した私の体験談をまじえてご紹介します。

2

本当に前に進んでるのかな?妊活が長くなっていくと、こんなことを思ってしまうことも。こんな時は、たった6分の毎朝のルーティーンで、変化のない毎日にハリを持たせることはどうですか?今回は、妊活中の朝の使い方について記事にしています。

3

妊娠を希望する女性は葉酸の摂取が奨励されています。妊活中は本当に葉酸を飲まないといけないの?どの葉酸でも効果は同じ?おすすめの葉酸は?今回は、このような疑問について記事にしています。

4

  最近では布ナプキンが妊活に良いと注目されています。 布ナプキンって妊活・妊娠に効果があるの? お手入れに手間がかかりそうだけど、大丈夫? おすすめの布ナプキンは? 今回は、このような疑問 ...

-体験談
-

© 2022 妊活Press