体験談

【体験談3】体外受精について夫婦で話しあう

2020/04/23

前のお話
【体験談2】体外受精の費用を初めて知る

体外受精をするにあたっては、避けて通れないことがありました。体外受精のお金は払えるのだろうか。そもそも費用はいくらかかるの?

続きを見る

 

病院から帰った日の夜、夫と体外受精について話し合う時間を持ちました。

 

体外受精のことを夫婦で話す

家で1人で夫を待つ間、私の気持ちは「体外受精を受けてみてもいいかもしれない」と思うようになっていました。

これまで、タイミング法を1年以上続け、人工授精も3回失敗。

このあたりで、前に進む「何か」を求めていたのかも知れません。

体外受精、やってみようかな。子供、欲しいな。

夫の帰りを待ってこう伝えました。

 

夫はどう考えているんだろう。

あとは、2人で話し合って解決していこうと思っていました。

 

「辛い思いをしてまで体外受精をやりたいか」だ

私の思いを聞いた夫の言葉は、意外なものでした。

おっと
とうとう、ここまで来たね。
”体外受精はいやだけど、体外受精じゃなきゃできない”って思ってたんでしょ。

夫は、私が『体外受精じゃなきゃ子供できない』と、心のどこかで思い込んでいることを知っていたのでした。

 

おっと
体外受精で1番大変なのは、コビトだよ。

だから、体外受精をやるかやらないかは”コビトが耐えてでもやりたいか”どうかにかかっている。

おっと
治療で辛い時は家事もやるしできる限りサポートもするよ。もしそこを乗り越えられるというんだったら、2人で一緒にがんばろうよ。

 

現実味が出てきた体外受精

夫の言葉で、私の頭の中も整理されてきました。

そうだ、私は、何より子供が欲しいんだった。

急に体外受精をやることに現実味が出てきました。

私は本当に子供が欲しいし、痛いこと、辛いことも「子供ができるかもしれない」ということを前にしたら、我慢できると思う。

不安ばかりの体外受精ですが、夫の全面的なサポートを感じ、やれるかもしれないという思いが湧いてきました。

 

けれど、まだまだ体外受精は分からないことばかり。

そこで、2人で体外受精で不安に思っていることを1つづつ考えていきました。

 

続きはこちら
【体験談4】体外受精の不安、解決したい!

体外受精を決断するまでは不安がいっぱいです。仕事と両立できるのだろうか。
私の体への影響はあるのだろうか。
子供はちゃんと産まれるんだろうか。
お金は払えるだろうか。

続きを見る

この記事はいかがでしたか?

おすすめの記事

1

1日たった10分走るだけの気軽なランニングで、みるみる妊娠体質に。妊娠できなくて困っている人に、とにかく1番におすすめしたい習慣です。実際にランニングで妊娠した私の体験談をまじえてご紹介します。

2

本当に前に進んでるのかな?妊活が長くなっていくと、こんなことを思ってしまうことも。こんな時は、たった6分の毎朝のルーティーンで、変化のない毎日にハリを持たせることはどうですか?今回は、妊活中の朝の使い方について記事にしています。

3

妊娠を希望する女性は葉酸の摂取が奨励されています。妊活中は本当に葉酸を飲まないといけないの?どの葉酸でも効果は同じ?おすすめの葉酸は?今回は、このような疑問について記事にしています。

4

  最近では布ナプキンが妊活に良いと注目されています。 布ナプキンって妊活・妊娠に効果があるの? お手入れに手間がかかりそうだけど、大丈夫? おすすめの布ナプキンは? 今回は、このような疑問 ...

-体験談
-

© 2022 妊活Press