体験談

【体験談11】年齢を気にしないための「妊活マインドセット」

2020/06/02

 

前回のお話
【体験談10】気になる年齢のこと。30代後半は妊娠しにくいの?

同い年でも、妊娠しやすい数値を持った人と、妊娠しにくい数値を持った人がいるんだ。年齢が同じだと、ついつい全部が同じように見えてしまって、落ち込んだり、安易に「自分はだめだ」と思ってしまうけど、そこに落とし穴があるんだよ。

続きを見る

 

おっと
さて、今度は「年齢を気にしないため」にどう考えていけばいいかを話すね。

 

「年齢を気にしない」マインドセット

おっと
まず押さえておいてほしいことがあるんだ。

「年齢が若かったら」とか、「もっと早く妊活を始めていたら」とか、そういう「どうやっても変えようがないこと」を考えないことが大切なんだ。

同じ世代の人で妊娠している人がこんなにいるんだよ。

(参考記事:体外受精体験談#10)妊娠しないわけじゃないんだ。そこを考えたってしょうがないんだよ

おっと
それじゃ、どうすればいいかってというと、他の人・他の世代のことを考える代わりに、今、自分がやれることをやるんだ。

 

おっと
今、コビトは、妊娠するために、運動をがんばったり(参考記事:ランニングの習慣)食事に気をつけたりしているよね。

つまりこれって、同じ世代の人より「妊娠に良いと言われることをやっている」って考えられるよね。

たしかに、今ランニングしているけど、みんながやっていることじゃないね。人よりがんばっていると言えるかも。
おっと
そうそう。ところで、 ランニングをしていたりすると「妊娠に近づいているかも」っていう感覚が出てこない?
kobito
そういえば、走っていると安心するっていうか、ちょっといい気分になるかも。
おっと
その気持ちが大切なんだ。

「自分は妊娠するためにがんばっている」

「妊娠に向かって行動して
いる」

「こんなにやっているから大丈夫」

ってね、段階的に考えられるようになることがポイントなんだ。

おっと
行動を続けているとね、時間とともに「自分は妊娠できるかもしれない」って気持ちがどんどんわいてきて、強くなっていく。

そして、これが、年齢を気にしないための「マインドセット」なんだ。

マインドセット?
おっと
「考え方・思考」のことだよ。思考を習慣化することで、より強い自分を作ることができるんだ。

「自分は妊娠する・できる」という『妊活マインドセット』が、妊娠することに本当に大切なんだ。

 

体外受精の成功率も「妊活マインドセット」で考える

体外受精の1回の成功率が20 %っていうのも「妊活マインドセット」で気にしなくなるの?
おっと
いい質問だね。

この場合も同じように、自分ががんばることで、今までの自分と比較してプラスになっている要因を見つけていくんだ。

そうすると、「前に比べて、私って妊娠に近づいている」と思うようになる。

すると、どうなると思う?自分は20%の中に入っている」と考えられるようになるんだ。

妊娠できると思えるようになるってことか…。
おっと
そうそう。つまりね、20%に入るために、もっともっと「妊娠に良いと思えること」をがんばればいいだけなんだよ。
20%に入るために、がんばる…。
おっと
自分は30代後半で、成功率も20%だけど、同世代の中では健康的な食事をしている、規則正しい生活をしている、栄養を取れている、といった、「正しいことをやっている」とか、「他の人よりがんばっている」という自負を、毎日コツコツつくっていくんだ。
おっと
その自負が、最終的に「自分は20%に入っている」と信じさせてくれるんだよ。

 

他の世代と比べない

おっと
あとね、「私はいくらがんばったって30代後半。30代前半よりダメだ、若くない」とか、そういうのはダメね。
うんうん、よく考えちゃう。
おっと
こんな時はね、「30代後半の中では、しっかりやっている。」って考えればいいんだよ。
ああ、なるほど…。
おっと
だってさ、もっと早く結婚してたら妊活も早くできたかもしれないけど、相手が違う人になったかもしれないでしょ(笑)。

違う人の子供が欲しいかっていうとそうじゃないんだから、そこは後悔しないでしょ。

注)コビトは34歳で結婚しています。

おっと
どうしようもない「世代」ことの考えることはないし、まして、自分の世代でも妊娠できることが分かっているんだ。

じゃあ、「この世代だけど、一生懸命がんばっていればできるんだな」って考えるのね。ゼロじゃないってことね。

うんうん、なんとなく分かってきた。
おっと
年齢ってさ、「○歳になった」からって、一気に何かの数値が変わるわけじゃないんだよ。

でも、全年齢に共通して不変なことがある。それが、できると思っているか、できないと思っているか、なんだ。

 

年齢でできないと思うなら、やめてしまえ!

おっと
それと最後に。年齢でできないと思うならやめちゃえばいい!

でもね、僕はそうは思わないからがんばれ!っていってるんだ。

おっと
だいたい、さっきの統計、もう一度思い出してみてよ。

30〜34歳が1番産んでいるけど、35〜39歳と、割合がそんなに変わらないんだよ。

全然できるじゃん。40歳以上だってこんなにできるんだよ。

うん、そうだったね。
おっと
子供ができないって誰も言ってないんだ!

できない理由を探すな!できない理由を探すだけだったらやめてしまえ!

・・・!
おっと
子供を産むために、「今自分ができることを探して、単純にそれを反復して続ければ」いいんだ!

それが自信につながって、最後には結果になるんだ!

夫の強い言葉に、弱音をはいていた自分が恥ずかしくなってきました。

 

そうだね。私が産むんだから、私ができるって思っていなきゃ、お腹に来てくれる赤ちゃんにも申し訳ないよね。
今はね、まだすぐに「できる」って100%思えないけど、少しずつ考え方を変えてみようと思う。妊娠するためにできることも、全力でがんばってみようと思う。
おっと
そうこなくっちゃね!

もちろん、すぐに気持ちが変えられるほど簡単じゃないよ。

体外受精まで4ヶ月。時間をかけて、心の底から「子供ができる」って信じられるようになろうね。

夫と話したこの日、自分の気持ちが少し軽くなっていることに気が付きました。

 

気持ちの準備を開始した頃、クリニックでの準備も進行しつつありました。

体外受精のために受ける「子宮鏡検査」の日が近づいていたのです。

 

この記事はいかがでしたか?

おすすめの記事

1

1日たった10分走るだけの気軽なランニングで、みるみる妊娠体質に。妊娠できなくて困っている人に、とにかく1番におすすめしたい習慣です。実際にランニングで妊娠した私の体験談をまじえてご紹介します。

2

本当に前に進んでるのかな?妊活が長くなっていくと、こんなことを思ってしまうことも。こんな時は、たった6分の毎朝のルーティーンで、変化のない毎日にハリを持たせることはどうですか?今回は、妊活中の朝の使い方について記事にしています。

3

妊娠を希望する女性は葉酸の摂取が奨励されています。妊活中は本当に葉酸を飲まないといけないの?どの葉酸でも効果は同じ?おすすめの葉酸は?今回は、このような疑問について記事にしています。

4

  最近では布ナプキンが妊活に良いと注目されています。 布ナプキンって妊活・妊娠に効果があるの? お手入れに手間がかかりそうだけど、大丈夫? おすすめの布ナプキンは? 今回は、このような疑問 ...

-体験談
-

© 2022 妊活Press