不妊治療

子宮鏡検査ってどんな検査?卵管造影検査とどっちが痛い?

子宮鏡検査

不妊治療の検査のひとつ「子宮鏡検査」。

子宮鏡検査って怖いな…。痛みはあるのかなぁ?

検査と言われるだけで、何をされるか緊張してしまいますよね。

  • 子宮鏡検査で何が分かるの?
  • 子宮鏡検査の流れは?
  • 子宮鏡検査って痛いの?痛みはどのくらい?

今回の記事では、こんな疑問にお答えします。


 

子宮鏡検査とは?

子宮鏡検査で何が分かるの?

子宮鏡検査は、子宮の中に細いファイバースコープを入れて、子宮の内部を直接観察する検査です。

胃カメラのようなもので、モニターに映しながら、内部の様子を観察することができます。

そのため、当日すぐに結果を効くことができます。

医師は、子宮内の癒着や、ポリープ、内膜症の有無、内膜の状態などを確認しますので、着床の障害となっている原因が分かることもあります。

 

検査のタイミングはあるの?

ほとんどの場合、月経終了直後から排卵前までの間に行われます。検査の日程は病院から指定がありますので、それに従います。

 

費用はどのくらい?

保険適用を受けられる検査です。クリニックによりますが、おおむね3,000程度が目安のようです。

 

検査を受けるにあたって制限はあるの?

私の場合ですが、避妊や食事の制限などは、一切ありませんでした。

 

子宮鏡検査って、どんな検査をするの?

検査の流れ

検査に入院の必要はなく、日帰りで受けることができます。

検査自体は、処置台に座ってから10〜15分程度で終了するものです。

医師がモニターを使い子宮内部を確認するので、検査後は、当日中に所見の説明を受けることができます。

 

検査後は安静が必要?

検査後は、クリニックによっては抗生剤を処方されたり、その日の入浴を控えシャワーにするよう指示されます。

 

子宮鏡検査の痛みってどのくらい?

麻酔はするの?

ファイバースコープの太さは3mmほど。大変細いので、ほとんどの場合、麻酔なしで検査が行われます。

 

子宮鏡検査が怖い場合は?

クリニックによっては、事前に鎮痛剤を処方したり、希望すると局所麻酔ができる場合があります。

痛みが特に気になる場合や、恐怖心が大きい場合には、医師に相談してみるのがいいと思います。

 

卵管造影検査と比較してどっちが痛い?

卵管造影検査・子宮鏡検査を両方受けてみた感想として、圧倒的に卵管造影検査の方が痛かったです。

痛みの質の違い
  • 卵管造影検査…
    検査中、バルーン挿入時に痛かったが、検査が終わったあと、さらに痛くなった。
    痛みの程度は、かなりひどい生理痛の時くらい。
    寝ていないとつらい程度。
  • 子宮鏡検査…
    ファイバースコープ挿入時に痛い。一瞬、生理痛の時のような痛みがある。
    検査終了後は、違和感が残るものの、だんだん消える。

 

 

クリニックによっては、患者さんも一緒に、モニターで子宮内部を観察できる場合もありますよ。

不妊の原因の早期解明に向けて、がんばって受けてみてくださいね。

この記事はいかがでしたか?

おすすめの記事

1

1日たった10分走るだけの気軽なランニングで、みるみる妊娠体質に。妊娠できなくて困っている人に、とにかく1番におすすめしたい習慣です。実際にランニングで妊娠した私の体験談をまじえてご紹介します。

2

本当に前に進んでるのかな?妊活が長くなっていくと、こんなことを思ってしまうことも。こんな時は、たった6分の毎朝のルーティーンで、変化のない毎日にハリを持たせることはどうですか?今回は、妊活中の朝の使い方について記事にしています。

3

妊娠を希望する女性は葉酸の摂取が奨励されています。妊活中は本当に葉酸を飲まないといけないの?どの葉酸でも効果は同じ?おすすめの葉酸は?今回は、このような疑問について記事にしています。

4

  最近では布ナプキンが妊活に良いと注目されています。 布ナプキンって妊活・妊娠に効果があるの? お手入れに手間がかかりそうだけど、大丈夫? おすすめの布ナプキンは? 今回は、このような疑問 ...

-不妊治療
-

© 2022 妊活Press