コラム

不妊に悩む人は、あなたが思う以上に周りにいる

2020/03/07

 

「不妊治療をしている」ということ。

何だか恥ずかしいし、人に話したくないということはありませんか?

私は、病院に通院したての頃、ぜったいに気づかれるものかというくらい誰にも言わず、ひた隠しにしていました。

けれど、ある時、人に話した方が自分のためになることに気がつきました。

今回は、その理由をお話しします。

 

5.5 組に 1 組が不妊治療の夫婦

日本の夫婦の5.5 組に 1 組が不妊の検査や治療を受けたことがあることをご存知ですか?
(国立社会保障・人口問題研究所「2015 年社会保障・人口問題基本調査」より)

実に、日本の夫婦全体の18.2%が、不妊治療の経験があるのです。

 

ところで、あなたの周りに不妊治療の経験者は、このくらいいますか?

答えはNOのはずです。

「不妊治療をしている」ことを、他の人に積極的に伝える人は少ないですよね。

芸能人などを除けば、日本ではまだまだ不妊治療を公言する人は少ないはず。

でも、実はたくさんいるんじゃないかという、こんなエピソードがあります。

 

不妊治療の病院で出会った同級生

「もしかしてコビトちゃん?」

病院であったのは中学生の同級生。もう20年以上も会っていませんでした。
こんなところで会うなんて、思ってもいなかった。

当時同じ時間を過ごしていた同級生が、「同じ悩み」を抱えているなんて・・・

診察の待ち時間で、
そして別れ際、「ぜったい子供つくろうね!」といってさよならを。

病院では、このほかに職場の後輩にも会いました。
会ったらいやだなと思っていましたが、それは相手も同じこと。同じ悩みを持つ仲間として、意外と受け入れられるものです。

 

会社で不妊治療をしたいことを相談したら・・・

当時、私の仕事は野外のイベントが多く、暑さ・寒さからの体調管理が心配事のひとつでした。

そこで、別の部署に異動させてほしいことを、40代の2人の男性上司に相談したのです。

どうしても異動したかった私は、「不妊治療をしたいんです」と、意を決して伝えました。

すると「うちも治療していたんだよ」と思ってもいない回答が。しかも、2人ともだったのです。

もちろん、私の熱意をくんでもらい、イベントがない部署への異動がかないました。

 

「不妊治療」のことを人に話すようになった

こんな経験から、不妊治療を続けていくうちに、だんだんに人に話すようになりました。

話すようになってからの変化3つ

1つ目は、自分の気持ちが軽くなったこと。隠しごとをしていることは、何であろうと気分の良いことではないですよね。

2つ目は、不妊治療の仲間ができたこと。勇気を持って声をかけてみると「実は悩んでいた」というケースが何件かありました。

3つ目は、話すことで、これから治療を希望していたり「不妊について知りたい」「不安だ」と思っている人のために役立つことができたということ。

 

まとめ

高齢で妊娠した私は、急に同年代の人からたくさん声をかけられるようになりました。

「自然妊娠?」「不妊治療していたの?」

どうしてその年で妊娠できたのか?みんなそこを知りたいようでした。

つまり、それだけ不妊に悩んでいる人が、潜在的にいるということなのです。

 

年齢が高めで子供がいない人は周りにいますか?もしかして、不妊に悩んでいる1人かも。

少しだけ勇気を出して、情報交換してみるのもいいかもしれないですね。

自分の気持ちも、少しだけ楽になるかもしれませんよ。

 

この記事はいかがでしたか?

おすすめの記事

1

1日たった10分走るだけの気軽なランニングで、みるみる妊娠体質に。妊娠できなくて困っている人に、とにかく1番におすすめしたい習慣です。実際にランニングで妊娠した私の体験談をまじえてご紹介します。

2

本当に前に進んでるのかな?妊活が長くなっていくと、こんなことを思ってしまうことも。こんな時は、たった6分の毎朝のルーティーンで、変化のない毎日にハリを持たせることはどうですか?今回は、妊活中の朝の使い方について記事にしています。

3

妊娠を希望する女性は葉酸の摂取が奨励されています。妊活中は本当に葉酸を飲まないといけないの?どの葉酸でも効果は同じ?おすすめの葉酸は?今回は、このような疑問について記事にしています。

4

  最近では布ナプキンが妊活に良いと注目されています。 布ナプキンって妊活・妊娠に効果があるの? お手入れに手間がかかりそうだけど、大丈夫? おすすめの布ナプキンは? 今回は、このような疑問 ...

-コラム
-

© 2022 妊活Press